スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のMH その1

5年前、丁度 会社で支社を任せてもらえるようになった。

営業をメインでやって、初めてのマネージメントなのでミスも多かった。

数字の管理は簡単だった。収入、支出、損益・・・答えが出るものは明確に分かる。

しかし、人の管理というのは、いかんともしがたいものである。


そもそも人を管理するってこと自体が間違っているのかもしれない。

個々それぞれ立場も違えば考え方も違う・・・

それを一つにまとめるのは想像を絶するほどだった。

年上の方が多く、なかなか言うことを聞いてもらえなく、よくキレていたのを覚えている。

そこに5人の新卒がうちの部署に入ってきた・・・・


当然、指導するのは私・・・めんどうだ・・・

5人のうち4人はすんなりひとり立ちさせることができた。

最後の一人は長年の勘で苦労するな、とは思っていた。

予想通り・・・・その子だけは他の子と違いなかなか実績を上げることが出来なかった。


何を考えているのかよく分からず、自分を表現できない子だった。

このままの状態なら首を切らなければならない・・・

やめていく人をいっぱい見てきた私だが

やはり辞めさせるってのは ものすごく目覚めは悪い・・・

なんとかしなければと個人面談で打開策を探すことにした・・・

昼飯・・・晩飯・・・

趣味がないというから飲み会やテニスなんかにも連れて行った・・・

そこで、その子からふと出た言葉

『ボク・・ゲーム好きなんですよ・・・』

なるほど・・・やっと出た自分の言葉だ。

幸い自分もゲームは好きだ。

『ドラクエ』『ファイファン』『ファミスタ』・・・・

『なんのゲームやるんだ?』と私は聞いた・・

『えっとですね・・モンスターハンターってゲームです』
なんじゃ?そりゃ?聞いたことないな・・・

『オンラインゲームなんですよ・・』

『チャットってので話をしながら敵を倒すんですけど・・・すんごく 面白いんです。』

今まで彼から話をふってきたことはなかった。

私の質問に対して忠実に答えるだけだった。


営業の一つの手法として『限定話法』と『拡大話法』というものがある。

『限定話法』とは『はい』or『いいえ』のように限定される質問をすること。

たとえば・・『君はゲーム好きなの?』みたいにある程度予想がつく話の始め方である。

『拡大話法』とはその逆・・・発信者が後の流れを操作できないものである。

たとえば・・『どんなゲームをするの?』では、どんな答えが返ってくるか発信者には分からない・・・

この二つを使ってクライアントと話をするのが営業のプロである。


彼が始めて拡大話法に食いついた・・・


『よし、じゃあ オレもやってみよう!』
『モンスターハンターだっけ??そこでチャットしてみよう!』

『ハイ!!!』


それがMHとの初めての出会いだった・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

え?!
なに????どういうこと???

ケイヤン引退しちゃうの????(´;ω;`)

まさか・・・ねw

続きが気になる~(-_-;)
最後ってゆうのが、ケイ・ヤンじゃないことを
期待しつつ次回更新待ちます(>人<;)

話が、無茶苦茶かっこいい(*゜Д゜)(*。_。)ウンウン
(。´・ω・)ン?いつもの落ちがない……
え!最後?Σ(゜Д゜;エーッ!(ノ_・、)シクシクどういうこと?まさか?Σ(゜Д゜;エーッ!

No title

ああ  すまねえ><
MH2が6月末でオンラインが終了するので
MH及びMH2での知り合いと最後にクエいったのをラストにする予定だったのだよ><
紛らわしい書き方してすいません。

マジ すいません><

あと、地震とか大変な県に住んでいる人・・・がんばって。

四国は全然大丈夫。 ミナミン(地震) ルビ(津波の方ね)マイコー(どこ住んでんだw?)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。